自分自身を取り戻す時間をお手伝い致します

余分な考えに邪魔されない状態をつくりだすと、心は静まり、身体は活性化します。
同時に、瞑想は脳の中の「島」が活性化するとも言われています。
ゆっくりとした空間の中、自分自身を取り戻す時間を提供します。

太田喜乃(おおたよしの)

東京都台東区出身
「なかま」主催のカウンセラー養成では、フェミニストセラピーの観点からの学習とカウンセリングの実習を学び、「健康心理学研究所」主催による健康心理アドバイザー養成では「健康心理学全般」「性格心理学」「ストレスの心理学」を担当教授:本明寛先生より、カウンセリング手法としてはアルバート・エリスの「REBT」を担当教授:野口京子先生より学ぶ。

その後、江東区こども家庭支援センターに於いては、平成11年より現在まで子育て中の母親に向けて「リラクセーションワーク」を、また小学校・幼稚園に於いては、子どもに向けた教育プログラム「セカンドステップ」というS・E・L(ソーシャル・エモーショナル・ラーニング)の授業を行っている。 NPO法人こうとう親子センター副代表理事としては、平成17年に子育て応援電話「ママパパライン」をスタッフと共に立ち上げ、企画運営を行っている。

--- 相談員経歴 ---
小学校での教育相談員(15年)
東京都引きこもりサポートネット副主任相談員(5年)

お問い合わせ・瞑想ワークの申込みはこちらから